ようこそ

ようこそ一般社団法人ラポートケア協会へ

  1. ラポートケア協会の設立理念 現在の医療現場では、多様な手法でのエンゼルケアが行われています。

    亡く なった状態によっては、ご遺体に死後変化が起こりやすく、感染予防が徹底さ れていないため、葬儀の現場に於いてご遺体からの漏液(体液・血液・浸出 液・排出物)が感染源となる事もあります。

    私たちが考えるケアは、「故人の尊厳を守り、ご遺体を変化させないための 適切な処置(手当て)をする事」を重視し、故人や家族と築いた信頼関係(ラ ポート)を大切にしたケアを実施する事です。

    これまで医療従事者が知る機会が少なかった「ご遺体が荼毘に付すまでに起 こる死後変化」を予測した上で行う新たなエンゼルケアを実施する事で、故人 の尊厳を守りつつ、家族に安心していただくためにラポートケア協会を設立し ました。

  2. 目的 当協会の目的は、今迄、死後変化を経験する事が無かった医療従事者の 方々に、感染予防に特化した処置等遺体の専門的な知識を学んで頂き、看取り 後の安全・安心なエンゼルケアを実践して頂くプロの育成を目的としています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。